読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資を行うことと貯蓄の関係性

現在の経済状況を鑑みれば、不況によって銀行預金の金利は無いに近い値となっています。そのため、いくら銀行預金に貯蓄しておいてもほとんど増やすことはできず、それは非常にもったいないともいえます。最近ではネットの普及によって、誰でも簡単かつ気軽に投資を行えるような環境となりました。では、投資を行うことと、現在および将来における貯蓄には、どのような関係があるのでしょうか。


関係性自体は非常に単純であり、それは投資によって利益が得られれば、貯蓄は増えていくということです。また、それが将来にわたる投資であれば、それによって得られる利益によって、貯蓄もまた将来にわたって増えるという関係性も説明できます。

 

もっとも、世の中に確実に利益を得られる方法は存在せず、基本的には満期に満額が返ってくるらしい仕組みである国債社債においても、今後はどうなっていくか誰にも予想はできません。


ただ、確実に言えることがあるとすれば、それはただ銀行預金として眠らせておくこともそうですが、積極的な投資を行うことで貯蓄を増やすことが出来る可能性があるということです。自己判断では行えないという人は信託会社に任せる選択肢もありますし、様々な方法を試してリスクを減らすことも出来るでしょう。

f:id:smartphone-unyou:20170510090113j:plain